商陽南大阪鍼灸所

 category : 経絡経穴 

手の陽明大腸経:商陽(しょうよう)

基本情報

所属経絡 手の陽明大腸経(井金穴)
取穴部位 示指橈側爪甲根部、爪甲の角を去ること1分にとる
筋肉
運動神経
知覚神経 正中神経浅枝
血管 第1背側中手動脈の枝

解説

経絡経穴 手の陽明大腸経 商陽商陽穴は手の人差し指の爪の横にとります。爪を真上から見たときに、爪の根元の左側の角から少し離れたところにとります。

  • 『十四経発揮』:手の大胃部の次指の内側にあり。爪甲の角を去ること韭葉の如し。
  • 『甲乙経』:手の大指の次指の内側、爪甲を去ること韮葉如きにあり。
  • 『素問』:手の大指の次指の爪甲の上、端を去ること韭葉の如し。

この商陽穴は大腸経の井穴であり、自律神経を整えるのによく使われます。特にこの部から刺絡をすると、さまざまな症状に対応できます。

少商合谷、翳風と組み合わせることで耳下腺炎や扁桃炎を、大椎、合谷、風門と組み合わせて発熱無汗を、人中、百会、内関と組み合わせて脳卒中、昏迷、ショックの治療を行います。

また、別名として「別陽」とも呼ばれることがあります。陽明経に熱があるときは瀉する作用があり、熱を体から逃がすことができます。

効能

関連記事はこちら

診療時間

南大阪鍼灸所の治療費

南大阪鍼灸所の周辺地図

在宅ケア・往診エリア

Copyright(c) 2011 南大阪鍼灸所 All Rights Reserved.