在宅ケア・往診南大阪鍼灸所

高齢者の方の手助けができる鍼灸所

南大阪鍼灸所では開所以来、積極的に寝たきりの方やひとりで通院できない方の在宅ケア往診などの継続的な訪問治療を行っております。

高齢者はさまざまな症状が現れます。例えば高血圧頻尿、呼吸器機能の低下から風邪を引きやすい、便秘逆流性食道炎骨粗しょう症腰痛膝痛、寝たきりからくる床ずれ(褥瘡)などが現れてきます。

また寝たきりの方や認知症の方などは昼間にうとうとと仮眠をとられ夜間に寝られないと訴えられ、昼夜逆転されている方が高齢者には比較的多くみられます。

鍼灸治療を行うと、上記のようなさまざまな症状が改善されていき、高齢者の方のQOL(生活の質)が向上していきます。具体的には、「治療を受けた日にぐっすり眠れた」「便がスムーズに出た」「ベットからの移動が楽にできた」などの声がよく聴かれます。また患者本人だけではなく介護者である家族の方からも「介護がしやすくなった」言われます。

南大阪鍼灸所は寝たきりの方やひとりで通院できない方高齢者の手助けをするため継続的な在宅ケア・往診治療を行う鍼灸所として活動しています。

障がいのあるの方の手助けができる鍼灸所

高齢者の方だけではなく障がいのあるの方の継続的な在宅ケア・往診も行っております。

これまでに脳血管性障害、認知症、脊髄小脳変性症、パーキンソン病、関節リウマチ脊柱管狭窄症線維筋痛症、大腿骨骨折による寝たきりの方、喘息などで在宅酸素療法等をされている方の慢性閉塞性肺疾患、人工透析などの糖尿性腎症、閉塞性動脈硬化症、癌疾患の緩和ケア、などの方々の治療を行ってきました。

このように南大阪鍼灸所では障がいのあるの方をはじめ寝たきりの方やまたひとりで来院が困難な方にサポートできるようにと考え、往診治療を積極的に診療活動に取り入れています。

健康保険を適用して在宅ケア・往診治療を行います

住吉区内及び半径2キロ圏内の方は500円(自己負担額1割プラス使い捨て鍼やもぐさなどの材料代)

障害者等医療費助成の方は最大500円(月2日限度)3日目以降のご負担はありません

鍼灸治療で健康保険を使う場合には医師に同意書を作成していただく必要があります。南大阪鍼灸所では医院とも提携しており、紹介することも可能です。

南大阪鍼灸所では近隣の医療機関などと連携し、在宅ケアをはじめとした地域医療を積極的に行っています。

健康保険を適用させるため介護保険の支給限度額は関係ありません。

※ぎっくり腰で動けないなどの急な訪問治療(自費)も行っております。

在宅ケア・往診エリア

住吉区長居を中心として、阿倍野区・東住吉区・平野区・住之江区・堺市北部に往診が可能です。

往診地図

おおよそ長居から半径8kmのエリアを対象としていますが、さらに遠いエリアであってもご相談にのることが可能です。

一度ご連絡ください。

 

診療時間

南大阪鍼灸所の治療費

南大阪鍼灸所の周辺地図

在宅ケア・往診エリア

Copyright(c) 2016 南大阪鍼灸所 All Rights Reserved.