雲門南大阪鍼灸所

 category : 経絡経穴 

手の太陰肺経:雲門(うんもん)

基本情報

所属経絡 手の太陰肺経
取穴部位 鎖骨下窩にあり、烏口突起の内縁、動脈拍動部にとる
筋肉 三角筋と大胸筋の間
運動神経 腋窩神経、胸筋神経
知覚神経 鎖骨上神経
血管 腋窩動脈

解説経絡経穴 手の太陰肺経 雲門

雲門穴は腕を上に挙げると鎖骨外端の下部にできるくぼみ(三角胸筋三角)に当たります。その深部には腋窩動脈が通っており脈を感じます。

雲門とは「雲の門」を意味しており、天の気を人身に取り入れる出入り口となっています。人間は天の気を呼吸によって取り入れ、飲食物によって後天の気をとり、それらと先天の気を合わせて生命エネルギーとしているので、重要なツボといえます。

雲門は中府とほとんど同じ場所にあるため、肺疾患を治療する効果は同等といえます。

また、雲門に鍼をすると肺経のライン(腕の内側)に沿って響きがあり、上肢末端まで響きやすいので肩腕の疼痛や上肢のしびれなどの治療によく使用されます。

この部位は奥に肺があるため、深くは刺さず、皮膚と水平に刺す(横刺)することが多いです。

効能

関連記事はこちら

診療時間

南大阪鍼灸所の治療費

南大阪鍼灸所の周辺地図

在宅ケア・往診エリア

Copyright(c) 2011 南大阪鍼灸所 All Rights Reserved.