大都南大阪鍼灸所

 category : 経絡経穴 

足の太陰脾経:大都(だいと)

基本情報

所属経絡 足の太陰脾経(榮火穴)
取穴部位 足の第1中足指節関節の前、内側陥凹部に取る
筋肉
運動神経
知覚神経 浅腓骨神経
血管 第1背側中足動脈の枝

解説

経絡経穴 足の太陰脾経 大都大都穴は足の親指の内側にある経穴です。親指の内側で、指先から2番目の関節の前側に取穴します。

経絡経穴 足の太陰脾経 大都(骨格有)「大」は広い、「都」はひとところに物が集まる様子を表しています。諸病が広く大きい場所に集まり、この大都穴がそれらを治療できることが名前の由来となっているようです。

  • 『十四経発揮』:足の大指本節の後、陥中に在り
  • 『甲乙経』:足の大指本節の後、陥中に在り。足の太陰の脈の溜る所也、榮と為す
  • 『霊枢』:本節の後の下、陥なる者の中也、榮と為す
  • 『兪穴弁解』:本節の前、指を屈して内側の折目の角に点ずるを是とす

中国の古典の中には関節の後となっているものがありますが、これは誤りで関節の前が大都穴になります(後ろであれば太白穴と位置がかぶってしまいます)。

大都穴は脾経の榮穴とされています。榮穴は身熱を主るといわれており、足指関節に炎症などがあるときに使用されます。また、痛風の痛みがあるときにも効果があります。

そのほか、小児のひきつけに対しても用いられることがあります。人中(水溝)・合谷と組み合わせて使用します。

効能

  • 足指関節の炎症・疼痛
  • 痛風
  • 小児ひきつけ
  • 発熱無汗
  • 心窩部痛
  • 腹脹
  • 嘔吐
  • 下痢

関連記事はこちら

診療時間

南大阪鍼灸所の治療費

南大阪鍼灸所の周辺地図

在宅ケア・往診エリア

Copyright(c) 2012 南大阪鍼灸所 All Rights Reserved.