侠白南大阪鍼灸所

 category : 経絡経穴 

手の太陰肺経:侠白(きょうはく)

基本情報

所属経絡 手の太陰肺経
取穴部位 上腕部にあり、腋窩横紋前端から尺沢穴に向かい下4寸、尺沢穴の上5寸、上腕二頭筋の筋溝にとる
筋肉 上腕二頭筋
運動神経 筋皮神経
知覚神経 内側上腕皮神経、外側上腕皮神経
血管 なし

解説経絡経穴 手の太陰肺経 侠白

ツボのとり方はわきのシワの胸側一番上(腋窩横紋前端)から肘のシワまでを9寸とします。

肘のシワにある尺沢穴に向かって下に4寸下がるところにあるので、尺沢穴の上5寸にあることになります。

また、天府穴の下1寸にあるともいえます。

ツボの名前の由来ですが、東洋医学では臓腑を五色に分けています。「肝・心・脾・肺・腎」はそれぞれ「青・赤・黄・白・黒」に対応しているので、肺は白にあたります。そのため侠白は、肺疾患に対して使われています。

また、侠白は肺だけでなく胸部全体に影響を及ぼすため、胸痛などにも使用されることがあります。さらにほかのツボと組み合わせて、心臓疾患に対しても使われることがあります。

効能

関連記事はこちら

診療時間

南大阪鍼灸所の治療費

南大阪鍼灸所の周辺地図

在宅ケア・往診エリア

Copyright(c) 2011 南大阪鍼灸所 All Rights Reserved.