承光南大阪鍼灸所

 category : 経絡経穴 

足の太陽膀胱経:承光(しょうこう)

基本情報

所属経絡 足の太陽膀胱経
取穴部位 曲差穴の後2寸、五処穴の後1寸5分に取る
筋肉 帽状腱膜
運動神経
知覚神経 眼窩上神経
血管 眼窩上動脈、浅側頭動脈

解説

経絡経穴 足の太陽膀胱経 承光承光穴は曲差穴から後2寸、五処穴からは後1寸5分のところに取穴します。五処穴から絡却穴に向かって3分の1のところに取穴するという方法もあります。

「承」は受け入れるの意味、「光」は天からの光をさします。この経穴は頭頂部にあり、目が受ける光を回復させることからこの名が付けられたと言われています。

  • 『十四系発揮』:五処の後1寸5分に在り
  • 『甲乙系』:五処の後2寸に在り
  • 『千金方』:五処の後1寸

古典では諸説がいろいろとあるようです。実際に臨床で使用する際にはおおよその位置を押さえてみて一番反応の強いところを使用します。

承光穴は名前の由来のとおり、光、つまり視力に関係しており眼疾患に対してよく用いられる経穴です。視力低下や眼精疲労の他、頭痛顔面神経麻痺などにも用いられることがあります。

効能

関連記事はこちら

診療時間

南大阪鍼灸所の治療費

南大阪鍼灸所の周辺地図

在宅ケア・往診エリア

Copyright(c) 2012 南大阪鍼灸所 All Rights Reserved.